つまりを引き起こさないための予防法

家庭のトイレがつまる理由

家庭のトイレにつまりが生じる理由の大半はトイレットペーパーの流し過ぎです。水溶性の紙を使っているのでそのまま下水管まで流れるイメージがありますが、量が多すぎると溶け残りがパイプ内に残留し、水の流れを阻害してしまいます。トイレのパイプは悪臭が立ち込めないようにS字状に湾曲しているため、溶け残った紙が引っ掛かりやすい傾向があります。また、近年のトイレは少ない水でも汚物を流せる節水式の構造になっているので注意が必要です。旧式のトイレと同じ感覚で紙を流してしまうと気づかない内にパイプがつまってしまう可能性があるので、トイレ設備のリフォームや増築を行った際は紙の量に気を配ることを心がけます。流す水の量も多めに設定するのがトラブルを避けるコツです。

トイレットペーパー以外の物は流さない

トイレつまりはトイレットペーパー以外の異物を流すことも発生理由の一つです。中でも水溶性のおしり拭きやペットトイレ用の砂がトイレの配管につまるケースが多数を占めます。これらの製品の多くはトイレに流せることを謳っていますが、実際はトイレットペーパーのようにすぐには溶解しません。配管の奥に至るまで固形の状態で流れることが多いので、トイレットペーパーよりもつまりやすい傾向があります。節水構造のトイレは便器部分の排水口が狭い作りになっているので、配管に至る前につまることも少なくありません。トイレつまりは便器や配管が傷む原因になることから、トイレットペーパー以外の物は水溶性であってもトイレには流さないのがトラブルを避ける最善の方法になります。