トイレつまりに繋がる排泄物の流し方

排泄物がトイレつまりを引き起こす理由

トイレつまりは多くの場合、排泄物の流し方が悪いことで発生します。一回の使用で生じる排泄物は決して大量ではありませんが、トイレのパイプは悪臭が立ち上るのを防ぐため、細く曲がった構造になっています。そこに排泄物を一度に流そうとすると途中で引っ掛かってしまい、水の流れが阻害される形になるので注意が必要です。特に水を節約する目的で流す回数を減らすと、それだけつまりのリスクが増大します。そのため、トラブルを避けるためには少量の排泄物をこまめに流すのが最適です。新しいトイレは節水構造になっているのでつまりが生じやすいことも併せて注意します。節水構造のトイレは便器内の排水口が複雑な形状になっている物が多いので、排泄物をつまらせないように排水の回数を増やすことを心がけます。

排泄物の形状もつまりの理由になりやすい

排泄物によるパイプのつまりは量以外に形状も大きく関係します。体質に因って排泄物の状態が変わりますが、水分が少なく大きな排泄物ほどパイプに引っ掛かりやすいので注意が必要です。一度は流れたように思えても後になってから逆流して戻ってくることもあります。大きく固い排泄物であっても水の中に浸かることで形が崩れますが、量が多いのでつまりが生じるリスクは軽減されません。トラブルを避けるためには大量の水で一気に流すのが最適ですが、パイプへの負担が大きくなることから排泄の方法に気を配ることを心がけます。便秘気味の人はパイプを詰まらせるほどの大きな排泄物を形成しやすいので、こまめに水を流すのが効果的な対処法です。