つまってしまった時の対処法

トイレがつまる原因とやってはいけないこと

トイレつまりはその原因の殆どがトイレットペーパーの流し過ぎによるものです。水溶性のトイレットペーパーであっても量が多すぎると一部が溶解せずに残ってしまいます。溶け残りの紙がパイプに引っ掛かって水の流れを妨げるのがつまりの概要です。特に近年は少量の水で下水管まで流せる節水タイプのトイレが普及していることもあり、紙の溶け残りによるつまりが増加しています。トイレつまりが生じた場合、すぐに解消したいがために市販のラバーカップを使って力任せに逆流させがちですが、パイプや便器を破損させる可能性があるので絶対に行ってはいけません。また、紙を溶かそうと大量の水を流しても効果は殆ど無いばかりか、水が逆流するだけなので避けるのが無難です。

トイレつまりを安全に解消する方法と業者選びの詳細

トイレつまりは状況に関係無く、専門の業者に任せるのが賢明な判断です。トイレの配管設備はわずかでも傷みが生じると汚水漏れに繋がります。設備を傷めずにつまりを解消するにはプロの業者にお願いするのがトイレを安全に使うための心得になります。また、同じ作業でも業者の技術力で時間や仕上がりの良し悪しが変わります。トイレの年式や配管の形状など、様々な事柄に合わせてつまり除去の作業が出来る優良な業者を選ぶことが大切です。トイレつまりなど配管トラブルの解消を専門に受け付けている業者であれば満足出来る仕上がりになる可能性が高いので、予め業者の評判を確認したうえでお願いするのが良い方法です。住宅設備や配管とは無関係の業務を行っている業者は技術力が低いことがあるので、出来るだけ避けることを心がけます。